読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天使たちは今日も天才

しょうりくんとせくぞとあいばくん。それからむらきくんとあらし。

気質も変えるSexy Zone

ワタシは自他ともに認めるオンリー気質である。コンサートに行けば近くの他メンより遠くの自担。周りがキャーキャー言っててなんやねんと思って双眼鏡をはずすと目の前にMJくん(意味のないイニシャルトーク)がいたことも。

そんなワタシが今一気に三人のジャニーズにハマっている。

ふうまくん、まりくん、そして忘れちゃならないけんてぃーだ。

 

しょうりくんとそうちゃんに関してはもう認める、デレデレである。不動産をぽんと渡したいくらいの気持ちだ。

その気持ちのなかで三人のメンバーにハマった。これいかに。

 

まずまりくん、まりくんという呼び方が最早正しくない。正確には♥👼まりきゅん👼♥である。ただここでは大人の余裕を見せてまりくんと呼ぶことにする。

まりくんはセクチャンや雑誌、ラジオでの奔放な発言でハマった。末っ子ってすげえや。

うち(担当G)の末っ子二人がしっかりものとツッコミキャラなこともありその出会ったことのない末っ子感にハマった。

そのくせしてお兄ちゃんたちを尊敬し、でも越えていくことも忘れない。国民の弟というキャッチフレーズがあってもおかしくない。

あと末っ子で奔放な感じがビシバシするのにたまにお兄ちゃんたちに鋭いツッコミするのかわいい、そこにさらにツッコミ返しされるのかわいい。

国民の弟もしくは末っ子天使まりくん、ハマらねえわけがねえ。

 

そしてふまけん。

所持しているセクゾ映像が少ないので同じ映像をリピし続けているのですが特にリピ率が高いのが去年の年末えむすてのセクサマ。

あ、Sexy Zoneすごい。

と思ってしまったんですがその直感の源はふまけんだった。

凄い凄いと(゚д゚←この顔文字消えなくなってしまったんですが気持ちと合ってるからもう残す。

わかってはいたものの改めて思った。

 

ふまけんってすごい

 

この二人の安定感があるからこそ勝利くんがセンターに立てて、そうまりちゃんが自分達の未知をゆっくり探すことができているんだなと思いました。

正反対の二人、背中合わせの二人。歌い方もファンに対する接し方も違う。

二人それぞれが違うやり方でセクゾを守り、他の三人を守り、そしてお互いを守ってる。

理想のシンメかよ。

あと守るだけじゃなくて向上心を一番持ってるのもこの二人かなーと感じます。

ワタシがセクゾ落ちしたふうまくんの発言もそうなんだけど本当に上しか見てないんだよね。

上に行く方法ってたくさんあると思うんです。一人が先頭に立ってもいいし、強力な縁の下の力持ちがいたって上に上がれる。

個人的にセクゾはけんてぃーが引っ張ってくれて、ふうまくんが力持ちかなって思います。

あの紅白のときに、あの言葉を出せたのはやっぱりふうまくんだからこそだったと思います。

(本当はちょっとだけふうまくんのこと苦手だった、でもあの時にこの人がいるならこのグループは大丈夫だと思ってふうまくんのことが好きになった、誰かを嫌いだと思う人生は楽しくない。ふうまくんはワタシの人生を楽しくしてくれた、ふうまくんありがとう)

 

ついついふうまくんのことばっかりになってしまったけど、けんてぃーは元々凄いタイプなんですよね。

その上でそれを越えていくけんてぃー。あんなにイケメンなのに二枚目も三枚目もできるけんてぃー。

個人的にはセクゾのママだと思ってます。

 

素晴らしい5人です。本当にグループになってくれて、そしてここまでグループを作ってくれてありがとう。

 

セクゾファン1年生。

これからどんなことが待っているのかわからないけれど、一緒に歩いていけることが楽しみです。

まずは春コンだー!当落も出てないけど!

2016年紅白について

Twitterのまとめ。書かないつもりだったけど貼り付けだからオーケイ!

もうこれで紅白については終わり!

しょうちゃんお誕生日おめでとう!

 

あなたの担降りはどこから?ワタシの担降りはどこから?

デリケートな話題に対して全力で触れていくスタイル。

先のノット担降り記事を書いてて、ワタシなんでこれで担降りしないんだろ?と思ったので以前の担降りをちょっと思い出して書いてみる。

 

まずいわゆる担降りのスタイルを大きく分けて2つに分けます。

 

①今の担当のことも大好きだけど他のメンバー(次の担当)への気持ちが大きくなりすぎたので降りる

いわゆる恋愛でいう「好きな人ができたので別れてください、その人と付き合います」パターンですね。

勝手な印象として担降りブログやツイートを見ていると記事を書くというか記録に残されるのはこのパターンな方が多いのかなと思います。

あと個人的にはjr.担、特にデビュー組からjr.に降りた方ってこういう方が多いな~って思ってます。降りた後も元担Gのコンサートで元担のうちわ振れるの正直本当にうらやましい。

 

②担当についていけなくなったので新しい担当を作る

恋愛でいう「あなたにはもう愛想がつきた、別れましょ!新しい彼探すわ!」パターンです。

ここデリケートですよね。でも触れます。

このパターンはさらに派生というかその人の性質によってもちょっと変わってくると思います。

派生その一「最近ファンサくれなくなったから降りる」←最近あんまり聞かなくなったけどやっぱりいる。

派生その二「彼(/担当G/事務所)が変わってしまった」←これが一番多いよね~わかるところもあるし。

派生その三「スキャンダルに疲れた」「結婚」の恋愛関係←その二と似たような感じですがこの層はちょっとまた違う気がする。

 

とーっても大きく分けるとこの2つですね。

①パターンも細分化すればもっと細かいと思うし、②パターンなんて何百通りもできそうですがまあこんな感じで。

例えるとすれば①が少女漫画のワンシーンみたいな感じで、②がより現実の恋愛においての別れかなと思います。

あと①は名前をつけて保存で、②は上書き保存って感じもする。

 

あ、3つ目というかある種の特殊パターンを忘れていました。これはジャニヲタとしては非常に大きい問題ですね。

③担当が辞めてしまった

これについては触れないことにします。まだワタシも癒えてない傷があるので。

 

ここで過去のワタシの担降りを考えてみると、ワタシのパターンは圧倒的②です。

ワタシの元担は内くんです。

(察し)となっていただけた方もいると思います。内くんは元NEWS/関ジャニ∞のメンバーで2005年にある問題で謹慎となりその後復帰を果たしましたが両グループは脱退となりました。

ワタシは彼の謹慎中に今の担当を好きになり、今の担当に降りました。

 

余談になりますが当時のワタシの周りの美徳は彼を待ち続けることで、降りた時に当時学生のワタシは学年中のジャニヲタから仲間はずれにされました(笑)

まあ、そうだよなとも今となっては思います。本当に今となっては笑い話ですが当時はわりと辛かったです。でもDやG、そしてコンサートのおかげで乗り越えられたんですよね。

あと何より例えどんな道を辿ったとしてもワタシは自担に着きました。絶対に。余談終わり。

 

次に現実の恋愛においての別れのパターンを振り返ります。

まあワタシは圧倒的にフラれることが多いのですが、数少ない自分から別れを告げたときは相手と合わないな、ついていけないなと思ったときなので今回提示した②パターンにドンピシャです。

 

これを踏まえると今回のなぜ担降りしないのか問題の答えもうっすら見えてきました。

繰り返しになりますがワタシはまだまだ自担とそしてやっぱり担当グループと一緒に歩いていきたいと思っています。変化もあるけどその変化も受け入れられるくらい、ワタシは自担のことが好きです。

 

だから担降りしないんだろうなぁ、きっと。

 

でも、勝利くんに対して抱いている気持ちも事実です。だからもしかしたらはじめての①パターンで降りるかもしれないし、担当増えるかもしれない。

ジャニヲタである前に人間なのでやっぱりワタシの心はどう動くかわかりません。

結論!人間っておもしろい!

 

 

あ、博貴が復帰したあとはちょこちょこ現場入ってます。メールも登録してます。でも観に行けるようになったのは正直ここ最近の話です。そういう意味ではやっと気持ちに折り合いがついてきたんだろうなあと思います。

でもだからこそ元担Gで元担のうちわふりたかったなって思いはまだあるし、ずーっとあり続けると思います。でも今の博貴も凄くかっこいいからそんなこと無問題なんだけどね。

佐藤勝利くんへのスタンスについて

ワタシによるワタシのためのまとめ。ノット担降り記事。

佐藤勝利くんが好きです。正確には好きになりました。

しょりそうというコンビが好きで、Sexy Zoneを好きになって、それらを通して佐藤勝利くんのことを好きだと思うようになりました。

きっかけはやっぱりサマパラです。完全に天才ちゃん目当てで観に行きました。見終わったあとも天才ちゃんかわいかったな、かっこよかったな、むらきくん最高だなってずっと思ってました。

 

それでもそんな心の片隅に勝利くんっていいな気になるなって気持ちが残りました。

 

少しずつセクゾに興味をもってエピソードや出演番組について調べました。それらを通して1歳違いのコンビというどこの総武線だい?というしょりそうにハマりました。

 

勝利くんはグループのセンターで年齢もちょうど真ん中。

年上組と年下組をつなぐ架け橋。就活でいうなら潤滑剤かなと勝手に思いました。

けんしょりもふましょりもまりしょりもかわいい。

セクゾちゃんというグループの歴史を見つめて、そしてこれからを想像して、ワクワクしました。

そしてセクゾに落ちた最大のきっかけが、ふうまくんが紅白のリハでSMAPさんについてコメントした時。

この人達は前を見つめてるんじゃない、この人達が見ているのは上だけなんだと。セクゾは5人でトップを掴もうとしてるんだと思いました。

ワタシはこの人達と一緒に歩いていきたい、それは今年と同じ酉年に担当グループに抱いた気持ちと一緒でした。その気持ちは今も変わってないけどね。

 

その上で佐藤勝利くんっていいなという結論にやっぱり至りました。

勝利くんの一番好きなところは誰になんと言われようとそのお顔の小ささです。

こんだけ語っといてまさかの顔落ちなんですけど笑

顔から好きになったから、彼の内面に触れるときがとっても新鮮でなんだかちょっと不思議で、そんでもってドキドキして。

そうちゃんのこともすごく好きなんだけど、ワタシが見つめていきたいと思うのは勝利くんだった。

勝利くんはそんなにすごくすごく器用な人じゃないと思う。

もしかしたらこの先、勝利くんは今よりももっともっと大きな何かにぶつかるかもしれない。

その時にファンとして彼を守っていきたい、勝利くんに対してそう思うようになりました。

 

 

勝利くんがこれからどうなっていくのか、ワタシにとって勝利くんがこれからどんな存在に変わっていくのか先のことは何にもわからないけど、今はまだまだ勝利くんかっこいいな~とつぶやく一オタクでいたいと思います。

 

ということでセクゾのツアー振り込んできます!

 

 

追記:12年前のワタシは今の担当への担降り記事を書くのに1年と2カ月かかりました。わざわざこんな記事を書いたのはこのあと担当が変わるとしたら勝利くんだと直感的に感じたからです。本当にこのあとどうなるのかはわからないけどね。

メンバーカラーの服を着てコンサートに行くということ

コンサートの時って皆様どんな服装で行かれますか?

ワタシは嵐コンの時は完全にグリーンファッションで行きます。

まあまあいい年齢だし1人参加だし妹には「どうなのよ~?」って言われますが気にしないようにします。

 

ワタシはクズです。どうしようもないクズです。

そんなワタシが全身で相葉担アピールしてるときだけは、そう思われたくないっていう意地があるんです。

コンサートでメンバーカラーの服を着ていると周りからワタシという一個人は「○○担」として見られます。

恐ろしいことだと思うんですよ、こんなワタシにも名前があるのに自分の名前じゃなくて応援してるアイドルの名前で認識されるんですよ。

ほぼイコールでワタシがやったことは自担の名誉に関わってきます。

コンサートでワタシがマナー違反をしたら、周りの人からは「あの相葉担、マナー悪かったな」って思われるんです。ワタシはそんなこと耐えられません。

だからこそワタシはグリーンの服を着ます。

どんなときだって人間としておかしなことはしてはいけないけれど、特にコンサートの時はワタシは自担の名前を背負ってるんだと自分への覚悟の意味を込めて服を選びます。どんな天井席の時だって

ま、周りの人は気にしちゃいないとかそんなことは置いときます。気持ちですよ気持ち!(笑)

 

と、なんでこんなん考えてるのかというと申し込みも始まってないセクゾコンでしょうりくんのうちわを持つかそうちゃんのうちわを持つか、そして服は赤なのか緑なのかクリスマスカラーでいくのかをマリちゃん推しの妹と語ってたからなんですけどね(笑)

jr.祭りの申込みのメールがきたので、3/25、 26と名古屋に行くのか横アリに行くのかそれとも仕事を選ぶのかそろそろ本格的に決めなければです。

2017年も楽しみの尽きない年になりそうです。

ジャニーズ楽曲大賞2016

旧年中は大変おせわになりました。

本年も弊ブログとワタシ、エロじろうをどうぞ宜しくお願い致します。

以下楽曲大賞の投票報告にて新年のご挨拶と代えさせていただきます。

 


ということでジャニーズ楽曲大賞2016に投票しました。

今確認したところ最後に投票したのは2008年でした。というか8年前に投票した自分のコメントがわかるのが辛い。

 

そんなわけでワタシの投票結果はこちら。

 http://j-m-a.info/vote2016/link/975586ce0536505f

 


f:id:erojiro:20170104210236j:image
f:id:erojiro:20170104210305j:image

f:id:erojiro:20170104210321j:image
f:id:erojiro:20170104210331j:image
f:id:erojiro:20170104210355j:image

 

若干コメントは投票後に直してます。(~と迷ったとかね)

ここからは個人的に漏れたけど投票するか悩んだセレクション。わりとある。

 

楽曲部門

嵐さんWONDER-LOVE(ベストパフォーマンス部門があったら3位だった)

セクゾちゃんキャラメルドリーム(シャンデリアアベニューと悩んだけどやっぱりワタシはシャンデリア派、キャラメルはフワフワでシャンデリアはキラキラって感じ)

 

MV部門

嵐さん復活LOVE(本編も最高だったけど今思い出せるのがメイキングのとこばっかりだったから泣く泣く選考洩れ)

 

現場部門

今回いっちばん悩んだ部門でした。

勝利くんサマパラ(がなかったらやっぱりこんなに勝利くんに落ちなかったから。早くDVD見たい)

(サマステも悩んだけどやっぱりスタンディングで全部見きれなかったのが後悔してて洩れ)

 

自担部門

即決です!

 

お後がよろしいようで。

今年もひたすら自担ことあいばくんと推しのむらきくん、しょうりくん、そうちゃんを見ていけたら幸せだなあと思います。

 

なお年末年始の番組についてはほぼ未チェックです。紅白録画とカウコン録画と仕事しながらVSだけ見ました。

紅白については今のところ書く予定はありません。自担のようにオタク的にもちょっと胸一杯なので今は自分の心のなかで消化したいです。

 

何はともあれ始まりました新年です。

新しい気持ちでまた頑張りたいと思います。

宜しくお願い致します。

ハッピーのための魔法

アユハピツアーワタシのオーラスが先日終わりました。

そんなわけで多少ネタバレアリです。

 

先日の酔っ払い記事でこのツアーを90点満点のコンサートと書きました。

問いかけのタイトルをつけたアルバム、そしてツアー。

問いかけは一人では成立しません。

あーゆーはっぴー?

そう嵐さんに問いかけられたワタシがいえす!あいむはっぴー!そう答えて成立するアルバム、コンサートだったと思います。

そしてそう答えることができて満点のコンサートになったんじゃないか、ワタシはそう思いました。

 

 

ワタシのハッピーはやっぱりあいばくんが笑顔でやりきってくれることです。

それ以上のハッピーはありません。

だから東京ラストでのバク宙の失敗は正直応えました。

進行を優先して、次の曲へと続けたあいばくんの顔が悔しくて悔しくてたまらなそうだったから。

そしてあたたかいメンバーそしてスタッフの皆様、会場にいらっしゃったファンの皆様のおかげで最後の挨拶の時に見事バク宙を成功させたあいばくんを見て、本当によかったと思いました。やっぱり勝手かもしれないけどあいばくんが笑顔でいてくれることがワタシのハッピーなんだなと思い知らされました。

 

燕の初日であいばくんを見たときに、この人を守りたいと思いました。

小娘だったワタシが守りたいなんてちゃんちゃらおかしいんですけど。

ワタシは今もあいばくんを守りたいと思い続けています。

嵐も変わったしあいばくんも変わったしワタシも変わったし環境も変わったけどその思いは変わりません。

 

あいばくんってもしかしたら完璧主義なとこがあるんじゃないかなって思ってるんです。

そしてきっとそれを知った上で今回の紅白の司会について嵐の人達は「何かあるくらいがちょうどいい」「何かやらかしてほしい」そんな風にしてアクシデントを起こしても彼が成功と思えるようにしてくれてんじゃないかなって感じました。

先の東京公演の件もそうです。

ワタシは今回参加した公演で一番見てて辛かった公演があいばくんが悔しい顔を見せた東京ラストで、そして一番楽しかった、盛り上がったと思える公演もこの公演でした。

にのが茶化して、そして皆が盛り上げてもう一度チャレンジさせてくれて、あいばくんの笑顔を見せてくれました。

大成功の大盛り上がりの素晴らしいコンサートでした。

フォローの技術、経験の賜物、そう言ってしまえば簡単です。

でもその大前提には優しさがあります。

嵐が、スタッフの方々が、そしてあの会場にいた全てのファンの皆様が優しかったからあいばくんの笑顔が見られて、ワタシはハッピーになりました。

 

以前自分はオンリー担なのかなといった記事を書きました。

ワタシは今後もall担当と名乗ることは絶対にありません。

なぜならワタシの目に映る世界で一番かっこよくてかわいくて魅力的で、そして守りたいと思える唯一の人があいばくんだからです。

そしてその上でワタシの大好きな担当、あいばくんを守ってくれる嵐が大好きです。

 

幸せには、ハッピーには、優しさが必要です。

だから今回、嵐が投げかけてくれた問いには正確にはこう答えたいと思います。

 

Yes. I am happy!

 Because this place is full of kindness!

 

英文に関する苦情はヤホー翻訳までお願いします(笑)