読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天使たちは今日も天才

しょうりくんとせくぞとあいばくん。それからむらきくんとあらし。

「孤独なジャニヲタ」は幸せか?

日記

ワタシには友達がいない。

正確には同じ趣味の友達がいない。

コンサートや舞台、番協も遠征もアフターも一人。

ごくごくたまに一緒に入るのはジャニーズファンの妹。

 

天井でも一人。最前でも一人。咳をしても一人。

 

ということで友達がいないジャニヲタのメリットとデメリットをご紹介したいと思います。

100か0なら100主観。

 

メリット

・気が楽

これが一番。担当宣言もしなくていい、担降り宣言もしなくていい。何人カケモチしてもいい、極端な話嫌いな子がいたっていい。なにしても友達が減らない。そりゃそうだ、いないんだから。

・相談せずにいろんなことが決められる

先日の札幌遠征がそうですがとにかく自分がよしやるぜと決めたことはすぐ決行できる。「あ、あの公演行こう」頭に浮かんだとたん行動に移せる。ヲタク的にはこれ大きい、スピード勝負だし。

通路席比較的よく当たる

1枚で申し込んで通路じゃなかったことって本当に数えるくらいしかない気がします、ワタシの場合は。現場ではギリギリまで席につかないマン(双眼鏡調整のため5分前くらいにつく)なのでこれは本当に助かる。また遠征の時など早めに出なきゃいけない時にも有り難い。

・アフター好きなように過ごせる

寿司食いてえ寿司行こう。肉食いてえ焼肉行こう。酒飲みたい飲み行こう。よほどの高級店でなければだいたい一人で行けるので自分の好きなものを味わいながらアイドルの余韻を味わう贅沢な時間が過ごせます。

 

デメリット

・寂しい

これが一番。アフターで感想戦とかしてみたい。「どの公演申し込む?」「一緒にホテル泊まろう!」そんな会話してみたい。「わ~!今○○クンがファンサくれたじゃん!よかったね~!」とか言われたい。でも意外と一番寂しいのは公演直前。もうすぐ始まるって興奮を分かち合えないのやっぱちょっとつらい。

・遠征費用嵩む

意外と大きな問題。当たり前だけどシングルは高い。ツインやダブルは圧倒的に安い。

・「偶数限定」に申し込めない

必ず2名でお申し込みくださいが出た段階で画面を消す。かなしい。ごくたまに妹が一緒に入ってくれる時っていうのは大概これでお願いしてる気がします。

・そもそもチケット当たりにくい

二人で申し込めばどっちか当たる可能性が上がるんですよね、やっぱり。「相方が当ててくれた;;」とか言ってみたい。1枚だと当たりやすいっていうのはどうなんですかね、当たる時当たるけど外れる時容赦なく外れるから結局そんな変わらない気がします。

 

 

もっとデメリットはいっぱいあります。ありすぎて書けません。

逆に寂しいの一言にすべてがつまってると言ってもいいと思います。

ここでタイトルに戻ります。

 

「孤独なジャニヲタ」は幸せか?

 

1秒ほど考えましたがワタシの答えは『超幸せ』です。

そもそもここに行きつくまでいろいろありましたしね。

ただ隣の芝生が青いなあっていうのはだいぶありますけど。

ヲタクのスタイルは人それぞれ、もっと楽しくもっと幸せなジャニヲタライフを今後も追及したいと思います。

 

 

でも友達はほしいです。