読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天使たちは今日も天才

しょうりくんとせくぞとあいばくん。それからむらきくんとあらし。

青春ブギから考える自担の闇

あいばくん 重い思い

12月の東京公演も迫ってきました。

セクゾのファンクラブに入りセクチャンばかり見ている毎日ですがそろそろ嵐に戻ろうと思い筆を執りました。

アユハピコンのネタバレが含まれますのでお気をつけください。

 

札幌初日において青春ブギの各メンバーの紹介文は自担であるあいばくんが考えたんだよ的なMCがありました。

さすがワタシの自担だけあって(笑うところですよ)各メンバーをよく捉えた楽しい紹介文になっていました。

が、そこで問題なんですけど。

 

あいばくんの紹介文だけぶっちぎりで闇深くないですか??

 

 

あの子の事が好きすぎて⬅わかる、超わかる

校下校もついていく⬅????(雲行きが怪しい)

変な男(むし)は寄せ付けません⬅お、おおう

札幌のみ:ついたあだ名はストーカー⬅ファッ!?

東京以降:ついたあだ名は変態警備⬅ファッ!?

熱血のあいば⬅熱血で済ませてええんか?ん?

 

 

※東京以降は入ってないのでレポで拝見したものです。

何がヤバイってこれ自分で考えてるってことは自分の恋愛への姿勢がストーカーだと思ってるってことですよね。

バイヨヤバイヨ。

ファンの私が言うのもなんなんですが自担ってわりと好青年キャラクターじゃないですか。むしろワタシとしてはちょっとチャラ男っぽいよねぇそんなとこも好きハートくらいの感じだったんですよ。

そんななかでぶっこまれてきたこの紹介。

自担ってそんな重い恋愛スタイルの人だったの!?とここにきてびっくりしてしまいました。

もちろん大袈裟に表現してるところのが多いと思うんですが、札幌で見てて潤くんまでの流れであー自担はいい人止まりのあいばみたいな感じかな~と勝手に思ってたので衝撃だったんですよねぇ。

自担の恋愛スタイルとかどうでもいいんですけど、こうやって自ら俺重いぜ!一途だぜ!と言われるとお、おう!さよか!ってなりましたわ。

 

よくよく考えてみると自担って仕事やないしはファンに対する考えも凄く真面目じゃないですか。(もちろん皆真面目なんだけどある種の意外性も含めて)しやがれのたけるくん回とかあと松ケンくん回とかでも語ってたけど、需要がなくなったら終わりとかまあ悪く言うとマイナスっぽい考えとも言うのかしら。

そういうところも含めてとにかくなんにでもひとつのものに対して一直線に、真剣に、プラスな面もマイナスな面も考える人なのかな。

 

でも恋愛において一人の人に対して入れ込んで向き合う人って、それを失うとポキッて折れやすいイメージがあるんです。まあ、ワタシなんですけど。

だからいわゆるお遊びソングの青春ブギに対して何言ってるんじゃって感じなんですがちょっと自担のこと心配になっちゃって。

ワタシより長く生きておられて、酸いも甘いもご存じの方なのは承知で、それでも大丈夫かなあってなっちゃうんですよね好きだから。

 

でもオタクとして2016年、こうして自担のなかなか知ることのできない姿を垣間見ることができてオタク冥利に尽きますわ。

また来年も再来年も自担のいろいろな姿を見られたらいいなあ。

 

 

ということでお察しの通り酔っ払いながらの更新でした。

次の更新は東京公演後かもしくはその前にセクゾについて更新かなあ。セクゾとの出会いというかしょりそうに落ちたきっかけについてもどこかで書きたい。。。